コラーゲンで健康生活

 

コラーゲンの摂取部分

 たんぱく質を食べようとするとき、一般的にだいたい非コラーゲンたんぱく質を思い浮かべるでしょう。あまりコラーゲンをすぐには思い浮かぶ人は少ないのではないでしょうか。しかしこれは、間違った食べ方をしてきた歴史と言えます。原始時代を思い浮かべてみてください。昔の人たちは、食べるために狩りをして獲物を取っていました。その獲物の皮をはぎ、腹を開き、内臓・血管を取り除き、骨から肉を削りとって食べていたはずです。獲物の分配のときに、まずどんなことを考え分配していたでしょうか。恐らく、今の食卓にならんだ料理を思い浮かべてみると、食べるときと獲物の分配は共通しているかもしれません。一番おいしいところを最後の楽しみに残すという人もいるかもしれませんが、まずは、おいしいところから食べるはずです。次いで、やわらかいところ、手に入れやすいところ、などでしょうか。そして、捨てるところといえば、硬くて、食べにくくて、まずくて手でとりにくい部分です。それは、骨や軟骨、腱、皮などといったところでしょう。また、あまりおいしくない、ということで内臓も捨てられることになると思います。
 ところが、これらの硬くてまずくて食べづらいと無視してしまった骨、軟骨、腱、内臓、皮などの部分にこそ、コラーゲンが豊富に含まれているのです。今でも、これらの部分は捨ててしまうことが多いのですが、太古の昔から、人類はコラーゲンの豊富な場所を捨ててきたと言えるのではないでしょうか。このことは、骨も皮も内臓も硬くて食べられなかった訳なので、食習慣の間違いだといっても仕方がありません。残念ながら、調理方法が発達しても、今のような食べ方は続いています。硬くて歯が立たず、おいしくない部分でも、時間をかけて煮たり蒸したりすれば食べることは可能ではあります。しかし、やはり面倒な作業といえるので、皮、骨、腱、内臓などは敬遠されてしまうのです。
 肉や魚の食べやすいところは、非コラーゲンたんぱく質が主役で、主として筋肉の部分が食べやすいといえます。少量のコラーゲンが筋肉の膜に存在しますが、筋肉だけを食べていたのでは、コラーゲンは不足がちといえるのです。餃子の通販で餃子ばかり食べるのも、あまり関心しません。

コラーゲンの摂取方法

 コラーゲンを毎日の食事で取るためには、ちょっとした工夫が必要になります。コラーゲンは骨や軟骨、腱、皮などに豊富に含まれていますが、いずれも、どちらかと言えば食べにくい部分であるし、調理もしにくいと言えます。しかし、コラーゲンは熱を加えると、ゼラチンとなって溶ける性質があるのはご説明した通りです。そこで、骨や皮がついたままの肉や魚をじっくり煮込んだ、コクのある料理を作ってみてはいかがでしょうか?これなら、おいしさをたっぷり味わいながら、スープのように飲むことも可能なはずです。時間をかけて煮込めば、その煮汁にコラーゲンがたっぷり溶け込んがスープを美味しく頂くことが出来ます。
 コラーゲンたっぷりの食卓を演出するために、魚は切り身ではなく、丸ごと買うことをおススメします。丸ごとの骨付き皮付きで料理して、丸ごと食べるのがコラーゲン摂取の方法です。そのためには、煮魚料理が最適と言えるでしょう。骨太のヒラメやカレイには、とりわけコラーゲンが豊富に含まれています。また、魚の煮汁を冷やした煮こごりは、コラーゲンたっぷりの食べ物でもあります。なので、濃厚な魚介豚骨のつけ麺やラーメンのスープはコラーゲンたっぷりというわけです。肉類では、骨付きのスペアリブや豚骨、鶏の手羽先、鶏がらなどにコラーゲンが豊富に含まれています。ただし、肉ならどこにでも多く含まれているのかというと、そういう訳ではありませんので、気をつけてください。牛や豚のサーロインやヒレ肉には、ほとんどコラーゲンは含まれていませんので。大豆たんぱくなど、植物性の食べ物にはコラーゲンが全く含まれていないことも、頭に入れておきましょうね。 ここではコラーゲンの多く含む食材などを紹介しましたが、コラーゲン食材だけを通販でさがさないで、一緒にビタミンやカルシウムの含む食材もバランスよくとることで効果もUPします。自宅でラーメンを食べるなら、コラーゲンを含むチャーシューと野菜もバランスよくさっと炒めてバランスのイイ食事をめざしましょう!

recommend

真の優良競馬予想サイト、悪質競馬予想会社の口コミ、評判、評価が一目で分かる情報サイト。

アクティブの競馬予想

スーパーエアロバイクはルームランナーのプロショップです

エアロバイク

プロ仕様の耐熱塗料を販売しています。

耐熱塗料

最高級の素材を使用したバースデーケーキ・誕生日ケーキの通販・宅配 洋菓子店カサミンゴー。

誕生日ケーキの販売サイト

駒沢 ヘッドスパ

2015/6/18 更新

Copyright (C) 2008 コラーゲンで健康生活. All Rights Reserved.